妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろうとしてい

妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろうとしている方がけっこう見受けられます。



まず知っておいて欲しいのは、何を食べれば、葉酸が多く摂れるのかです。



葉酸という名から考えても、野菜の中でも葉物に多いとされます。マンゴーも案外葉酸が豊富で、私の場合、妊娠に気づいたのは夏だったので、マンゴーが安くお医者さんにも勧められて食べていました。食物繊維も豊富なので、便秘予防にもなりますよ。

妊活中の女性には葉酸というビタミンの摂取が欠かせません。
どうして必要なのかといえば妊娠初期に先天性の障害が起きる危険性を低下させる効果があるからです。しかし、過剰に摂るとどうなるのか気になってきます。子供が生まれてきた後、喘息の発症を招くことがあります。ですから、過剰摂取にならないよう気をつけてください。ありがたいことに、最近はかなり一般的になりましたが、妊娠中に葉酸をたくさん摂るだけでなく、授乳が終わるまできちんと摂って欲しいのです。
赤ちゃんは生後間もない時期に、活発に細胞分裂を行いながら外界に適応するべく成長するのです。そこで葉酸が使われることは言うまでもありません。

加えて、葉酸は母体の回復や授乳のためにも欠かせない栄養素とされ、母子どちらからも求められる栄養素なので、妊娠を望んだときから、断乳するまで葉酸を毎日十分に摂っていければ最高です。


待望の子供を授かって、身体には本当に気を遣いました。


初期の間こそ、身体に気をつけなさいと全く同じことを母と医師が言っていたからです。
インターネットでも、雑誌の記事でも葉酸は妊娠初期の赤ちゃんに欠かせない栄養素だとされていましたから、サプリメントで、葉酸を補うことにしました。


思うように食べられないときもありましたが、何とかサプリを飲むことができたため空腹でも飲めたのがありがたかったです。2人目が出来るといいなと妊娠するのをのんびりと待っていたら3年経ったあたりで妊娠できていなかったので、自分か主人のどちらかに健康状態に問題があるのでは、と疑いだしました。



長男を育てる上でも病気があったら困りますのでこの機会にしっかりと調べてもらって、問題なしであれば妊活に入りましょうと夫と話し合って決めたのですが、思い返してみると、この話し合いが妊活を決めた瞬間になります。
「妊活」、それは赤ちゃんを授かるという命の仕組みを何とかしようというものなので絶対に成果が表れるものではありません。なので、途中でやめてしまうこともあるようですが、それは大変残念なことだと感じます。成功確率は上がっているので、そんなに重くとらえないでゆっくりと続けてみましょう。水溶性で熱に弱いというのが葉酸の特長であり、食事だけで所要量を確保しようと思うと大変ですから、サプリメントなども飲んでいった方が良いのです。

葉酸サプリを購入するときは葉酸が減らないよう、加熱処理されていない製品にすることが大事な条件です。



自分の身体を整えるために摂るものなので、天然由来のものを原料にしていること、必要のない添加物がないことといった安全面も、選ぶ際のポイントです。
少子化が一つの原因となって、赤ちゃんの性別を産み分けるということを考える夫婦も増加しているようですが今の日本の医学において確実な産み分け方法は明らかにされていません。


そのことを分かっていて、やはり「挑戦したい」というならば、以下に記述することをやってみてください。男の子を授かりたい場合は排卵日当日、女の子が授かりたい場合は排卵日の2、3日前に夫婦の営みを持つという方法が効果があるかもしれません。カフェインを含んだ飲料を飲むことは妊活中には避けたいですよね。そういった場合に、ハーブティーで代用という方が多いです。これはどうしてかというと、第一の理由は体にいい影響をもたらしてくれるということがあるからです。

代表的なものを挙げると、不妊の原因でもある冷え性の改善や、生理周期の乱れを整えることです。その他、リラックスした気分になれる効果も期待できます。ストレスは妊活している人にとって最も避けるべきものの一つですが、その解消が期待できます。



真剣な妊活を計画するならば、まずはきちんと産婦人科で検査してみましょう。

なぜかというと、検査を受けておけばもともと妊娠しやすい体なのか、問題がないのかなどが早い段階から確認しておくことが出来ますから、妊活を始める前には、ご夫婦で不妊検査を受けてみましょう。医療機関のお墨付きがあるのと無いとでは、妊娠に対する安心感が全く違いますし、赤ちゃんの健康を考えた上でも大切な検査ですから、検査を受けない理由はないと思います。