一見すると無関係なように感じますが、「妊娠」

一見すると無関係なように感じますが、「妊娠」そして「歯の健康」という二つの事柄の間に、重要な関連性があることが分かっています。

昨今の研究で、歯周病というものが、早産あるいは低体重児などの危険性を上げるそうです。

妊娠中の治療は場合によっては安全性を考慮して制限されるものです。

妊活をしている女性の中で長い間歯科を受診していない方は、なるべく早く診てもらった方がいいでしょう。子供を産みたいと妊活の真っただ中の方は、お守りを持ち歩くのをおすすめします。


一例として、鎌倉の長谷寺というお寺は、子宝に縁があるお寺で、こちらで販売されているお守りは、妊活中の気分をリラックスさせ安心することができるでしょう。

また、パワーストーンなんかも妊活中の女性に人気があるのでさまざまなアイテムを使ってみるのもいいかもしれません。

お子さんをほしがっているご夫婦に、二人で一緒に葉酸を摂りましょうと言われるようになりました。



大別すると葉酸はビタミンB群の一つですが、独立したビタミンMとする分類法もあります。良質の赤血球を作るために必要なビタミンですが、血液に限らず、全身の細胞分裂を盛んにするのには絶対必要な栄養素であり、妊娠するためには夫婦どちらにも重要です。葉酸は子宮内膜をきちんと作るためにも必要な栄養素で、受精卵が着床しやすくなり、妊娠する確率が高くなります。
食生活の見直しや体を適度に動かすなど具体的に妊活をし続けて行った場合、やがてくたびれてくる方もいるはずです。
そんな時には気晴らしのためにも子宝神社参りがおすすめです。
一度、一人で思いつめずに神様にお願いしてみるのも気持ちを上手く切り替えるチャンスになるのではないでしょうか。いわゆる貧血が起こるのは様々な理由で鉄分が摂れていないからかと思う方が多いかもしれませんが、実のところ、貧血はいくつかの原因によって起こるとされいつでも鉄分不足だけが原因だとするのは間違いです。葉酸不足による貧血も少なくないので、鉄分を強化して摂っても貧血が改善しない場合、葉酸も強化して摂取することでより早く貧血が改善されたという例もあるのです。
子供を授かるために妊活をしている最中は体を温めるものを選んで食べるようにしましょう。野菜の中でもとりわけ、大根、ごぼう、人参のような根菜類は、積極的にとりいれると、体を温めてくれるでしょう。
反対に、身体を冷やす効果がある野菜は、きゅうりやなす、トマトなど夏が旬である野菜に多く存在しています。


また、果物はデザートとして少しの量を摂るだけならいいですがジュースの場合はたくさん飲んで体を冷やしてしまいやすいですから、あたたかい飲み物がベターです。

近頃は多くの方が知っていることですが、葉酸は妊娠中だけでなく、授乳中にも必要な栄養素です。
生まれたばかりの赤ちゃんは、生まれる前と同じくらい体中至るところで活発な細胞分裂を行うことで、外界に適応するべく成長するのです。



いうまでもなく、そこで葉酸が必要になるのです。



一方、産後の母体が回復し、順調に授乳するためにも葉酸が不可欠で、お母さんのためにも、赤ちゃんのためにも欠かせないため、妊娠を希望したときから、赤ちゃんがミルクや離乳食で栄養を摂れるようになるまでの間、しっかり葉酸を摂り続けることが、お母さんのつとめです。

赤ちゃんが母体内で健康に育つために、葉酸は必要だというのはもはや常識ですが、葉酸の摂取を妊娠前に行うことで受精する確率と、受精卵が着床する確率も上がるのです。妊娠成立時はもちろんのこと、その前の着床時にも細胞分裂は活発になるため、このときこそ葉酸が必要とされるのです。従って、妊娠するまでにも葉酸は必要ですし、生まれてくるまでの赤ちゃんにとっても葉酸を欠かすことはできないので、赤ちゃんを授かる前から、授乳が終わるまで葉酸を摂ることが望まれます。妊娠して、葉酸をたくさん摂らなければと思っている方が多いのではないでしょうか。誰もが知りたいのは、葉酸を多く含んでいる食材は何かということです。


その名前からしても、葉酸は葉物野菜に多く含まれているものです。

意外なところでは、マンゴーからも多くの葉酸が摂れます。

私の場合、妊娠に気づいたのは夏だったので、マンゴーが安くお医者さんのすすめもあって、よく食べていました。マンゴーは食物繊維もたくさん含んでいるので、便秘にも効果があるそうです。

胎児の成長に欠かせず、赤ちゃんがほしいと思っている方も積極的な摂取が叫ばれている葉酸ですが、日常的に葉酸が含まれたサプリを摂取した場合の効能は簡易的な血液検査で分かります。



それに、この葉酸の値と同時にチェックしておきたい値としてビタミンの一種であるビタミンB12があります。過剰な葉酸の摂取によって、ビタミンB12が足りなくなってもよく分からなくなる事があるそうですから、ビタミンB12の値にも注意するようにしましょう。